TEL

鍼灸力 | 神奈川県平塚市四之宮 さくら鍼灸接骨院

お問い合わせはこちら

鍼灸治療とは?





鍼灸力について

健康貯金をしていますか!?
当院のはり灸は健康のツボを押さえた施術です。

体調を崩すと身体から(ストレスサイン危険信号)が発信されます。たとえば疲労、倦怠、せき、発熱、頭痛や腰痛、節々が痛くなったり、首、肩、背中のこわばり痛み等の症状が発生します。

これらは身体維持、管理するための健康の貯金が減ってきて体力、抵抗力、免疫力が低下したものです。

健康と病気とは

「施術とは外から施され、治癒とは中から施される」

相補的な関係にあり、善と悪が片方では存在しないと同じように絶対病気にならない健康や、絶対に健康に戻らない病気など存在しないのです。我々の努力目標は病気を自己変容の機会として活用するところにあります。身体を治そうとする力は常に存在しいつも作動しています。しかもそのとき快復力が必要とされている仕事量に追いつかないことがある為で、ある施術が効く時それは生まれながらに備わっている治癒メカニズムが活性化されることによって効き出したのだと言うことです。

施術とは

病気の時だけするものと思われているが現状ですが、病気の時だけではなく健康の時でも施術が可能です。ストレスが貯まったり過労にならないように時々体調を整いておくとか季節の変わり目で病気が起きないように予防(抵抗力)を付けるとか、いわゆる健康管理の意味で鍼灸を受けられると良いと思われます。

鍼はなぜ痛みをとるのか

生体が鍼の刺激によって脳からエンドルフィンと言うホルモン物質が体内に分泌され痛みを抑える働きをする。その効果は麻薬のモルヒネの5,6倍しかも中毒の危険は全くなし副作用の心配もないのです。

風邪(かぜ)

心身ともに全体的なバランス(調整)が崩れたり乱れたりしている時に寒さに対する調整機能の低下は睡眠不足、疲労、大食などによることが多く低下している場合には首、肩、背部がこり重い感じがしますそれは血液循環が悪くなり、身体の防衛機能が弱り寒さに敏感になっているからです。

美容

女性の美しさは外見だけ気ずかうのでなく身体の中から美しさが出るのです。過労、ストレス、生理不順、不眠、暴飲暴食、内蔵機能低下、(便秘、下痢)などによりシミ、ソバカス、ニキビ、吹き出物、むくみ、肥満などは身体にとって必要な物質の吸収力を良くし有害な老廃物、乳酸、疲労物質をは排出すると良いでしょう。

ITストレス症候群

パソコンを多用することによって起こる目の疲れ、頭痛がする、後頭部が重い、首肩のこり痛み、手の痺れ、顔のけいれん、不眠、、食欲不振、精神的な不調は現在職業病の一種です。

胃腸とは

食物が豊かな時、健康食品良いとかビタミンが良いとか右往左往するのではなく、身体のエネルギーの基である胃腸の改善を良くして消化、吸収力を高め働きを良くして食欲を増進すれば3度の食事で間に合います。(補足ー状況による)

更年期

ホルモンの分泌の低下、肉体の変化に伴い体調の乱れが起きます。男女とも40代50代は精神的にも肉体的にも人生の胸突八丁節目の時です。健康には気をつけましょう。

鍼を刺す時痛くないか

鍼は直径0.12~0.24㎜ほどの太さで、施術中の痛みはほとんどありません。鍼の太さは髪の毛の太さとほとんど同じと考えればいいでしょう。このきわめて細い鍼を身体のツボに刺すことで鍼施術が行われます。痛みや皮膚感覚に敏感な日本人の体質に合わせて「管鍼法」という独自のスタイルが江戸時代に考案され今日に至っているのです。

適応症

神経系 心悸亢進・神経症・半身不随・言語障害・頭痛・偏頭痛・船酔い・不眠症・神経衰弱・自律神経失調症・そううつ症・神経マヒ・顔面神経マヒ・三叉神経痛・腰痛・座骨神経痛・肋間神経痛・頭皮神経痛・腕神経痛
消化器系 口内炎・急性胃炎・慢性胃炎・胃下垂症・胃けいれん・胃酸過多・胃潰瘍・慢性腸炎・肝機能障害・胆石症・下痢・便秘・脱肛・痔
運動系 むち打ち・首の寝違え・肩こり・五十肩・関節炎・リウマチ・筋肉リウマチ・腱鞘炎・打撲捻挫・ギックリ腰・椎間板ヘルニア・変形膝関節炎
循環器系 のぼせ・貧血・息切れ・心臓喘息・動脈硬化・高血圧・低血圧
呼吸器系 風邪・セキ・咽喉炎・扁桃腺・喘息・気管支炎・胸痛
泌尿器系 腎炎・腎盂炎・腎臓結石・膀胱炎・尿道炎・頻尿・インポテンツ・前立腺肥大
内分泌系 甲状腺機能障害・糖尿病
外科系 リンパ腺種・おでき・しもやけ・ひょうそう・打撲・ねんざ・壊疽・脱疽
皮膚科系 円形脱毛症・いぼ・にきび・かぶれ・蕁麻疹・湿疹・ヘルペス・シミ・ソバカス
婦人科系 生理不順・生理痛・子宮内膜炎・筋腫・卵巣膿腫・冷え性・更年期障害・つわり・乳腺炎・逆子・不妊症
小児科系 夜泣き・癇虫・消化不良・大腸カタル・小児喘息・慢性中耳炎・夜尿症
眼科系 眼精疲労・ものもらい・結膜炎・白内障・網膜炎・眼底出血・近視・涙目
耳鼻咽喉科系 耳鳴り・難聴・中耳炎・鼻炎・鼻出血・蓄膿症・花粉症・咽頭炎・へんとう腺・かれ声・めまい・メニエル氏
歯科系 歯痛・歯槽膿漏
その他 パソコン症候・アレルギー体質・肥満・美容・健康増進・病気予防・精力減退・免疫力強化・中気予防

鍼灸に関連する症状一覧

整骨院でも痔の施術ができる!
冷え性でお困りの方へ
はり灸施術とは?

鍼灸に関するコラム

コラムはこちら