TEL

痔の施術 | 神奈川県平塚市四之宮 さくら鍼灸接骨院

お問い合わせはこちら

痔で抱える問題点(症状)

肛門の病気を一般に痔と呼んでいます。
痔核(イボ痔)、裂肛(切れ痔)、痔ろうと3種類あります。最も多いのは痔核(イボ痔)で、男女差はあまりありません。裂肛(切れ痔)は女性に多く、痔ろうは男性に多くみられます。

痔の症状としては、出血、痛み、イボ、腫(は)れ、肛門からの脱出が主なものです。ほかに、かゆみ、分泌物による汚れ、肛門が狭くなって便が出にくくなるなどの症状があります。

1. 痔核(イボ痔)

痔核(イボ痔)とは,硬いイボができて痛みを伴う外痔核と、出血と脱出を伴う内痔核とがあります。

2. 裂肛(切れ痔)

裂肛(切れ痔)とは、多くは便秘による硬い便で、肛門の皮膚の部分が裂けてできますので、排便時の強い痛みと軽度の出血があります。

3. 痔ろう

痔ろうとは、まず第一歩として、肛門周囲膿瘍という強い痛みを伴なう腫れが起きます。切開を受けて急性の炎症がおさまって後に、約半分の人が痔ろうになります。急性の炎症を繰り返したり、いつも慢性の炎症があって膿が出つづけるのが痔ろうの症状です。

施術法

痔でお悩みの方はたくさんいますが、当院では手術が必要なひどい痔でも外科手術をせずに東洋医学療法(鍼、灸等)によりアプローチします。
症状に応じて通院期間等も的確にアドバイスさせていただきます。まずは、お気軽にご相談ください。

痔の施術に関するコラム

コラムはこちら