TEL

自律神経のバランスを整えうつ病を緩和 | 神奈川県平塚市四之宮 さくら鍼灸接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 2018 10月の記事一覧

自律神経のバランスを整えうつ病を緩和

2018.10.29 | Category: うつ

自分はうつにならないと思っている人程、うつになるケースは多く、ほとんどの事例で自律神経のバランスが乱れることで精神的なストレスを抱えこんでしますことが多い傾向であります。当院では鍼灸施術を得意としており、自律神経のバランスを整えることを意識した施術法を導入しております。実際に薬を服用してうつを落ち着かせていたお客様も薬なしで生活ができるようになるなど多くの喜びの声を頂いております。実際にどのようなアプローチをするのかなども細かく応対することができますのでまずはぜひお気軽にお問合せ下さいませ。

アトピー性皮膚炎の症状を緩和

2018.10.29 | Category: アトピー性皮膚炎

当院ではアトピー性皮膚炎の症状緩和も得意としております。アトピーはほとんどの方がステロイドを服用して継続して施術受けておりますが大きな改善が見られにくく、一生涯アトピーで苦しんでいる方も多くいらっしゃいます。
平塚市のさくら鍼灸接骨院では人間が本来持っている体のバランスを整えることで自然治癒力を高めアトピー性皮膚炎を改善していきます。過去に多くの施術実績もございますので実際にどのような施術をするのかなども含めてお気軽にお問合せを頂けますと幸いです。

ぎっくり腰

2018.10.29 | Category: 腰痛・ぎっくり腰

ぎっくり腰

ギクッとした衝撃で急に発症し、腰に痛みがあり、動きが制限される腰痛の総称です。

原因はたくさんあります。

筋挫傷(ざしょう)、肉離れ、捻挫、ヘルニア、骨そしょう症による圧迫骨折などがあります。

日頃運動不足による筋肉の柔軟性の低下や、筋力低下で背骨の安定性が低下すると、不良姿勢によるちょっとした負担でも背骨周囲の組織が傷ついてしまいます。

ぎっくり腰の強い痛みは、組織自体が傷ついた痛みもありますが、急性期の痛みの原因は、損傷した組織を守るために筋肉の緊張が強まったり、筋肉のけいれんが起きることが、主な要因であることが多いです。

また、関節のちょっとしたユガミも、筋肉の緊張や痙攣を引き起こします。

施術は、急性期に、背骨や筋肉のずれを直しておくと回復を早めます。

急性炎症の時期は家族にマッサージをしてもらうことはやめましょう。炎症を増長します。

急性期の炎症症状の時期に、炎症を悪化させずに、筋肉の緊張緩和や、関節のずれを改善することになります。

もちろん炎症を鎮めるために、安静にする事が大切ですが、より早期回復を促すために筋肉のけいれんを和らげたり、炎症物質の除去、正しい矯正、患部の固定などが病状の時期により必要となります。

通勤中の交通事故について(労災保険)

2018.10.29 | Category: 交通事故・むち打ち施術

通勤中の交通事故について(労災保険)

労働中または、勤務中に負傷された方は当院にご相談下さい

労働(仕事)での負傷は、労災保険適用のため、お客様負担はございません。
当院は、労災指定医療機関として認定されておりますので、労働中または、通勤途中に負傷された方は、一度当院までお気軽にご相談ください。

 

労災保険施術の場合

労災保険施術の場合、施術費は全額支給となり、自己負担はありません。
ご来院時には保険証か身分を証明出来る物(免許証等)をご持参いただければ 、お預かり金は必要ありません。

労災保険施術でよくあるご質問

Q. 労災や通勤災害、業務災害でも施術を受けることができますか?

A. 就労中におけるケガや通勤途中のケガは労働災害保険、業務災害の対象として施術を受けることができます。

 

Q. 施術費はかかりますか?

A. お客様には一切の負担はございません。

 

Q. 現在、他の医療機関に通院しておりますが、転院できますか?

A. はい、当院は労災指定医療機関として認定されているため、施術を専門的に行うことができます。